スムーズな寝返りは寝具が決める

3D(3次元)CT画像を見てみると、背骨がきれいにS字の時はスムーズな寝返りができているリラックスした状態です。

反対に、ぎちない寝返りの寝具条件の仰臥位は、頭が高過ぎたり低過ぎたりするだけではなく、首~胸~腰までの姿勢がつまり過ぎたり伸び過ぎたりして、悪くなっているのがわかります。

つまり、至適睡眠姿勢を決定する最大の要因は寝具だとわかります。言い換えれば、寝具調節こそが、睡眠姿勢をよくも悪くも調節できるのです。

寝具の種類による比較してみました。①寝具のない時(板の間に寝た時)、②ウォーターベッドに寝た時、③枕の高さとコイルの硬さを身体各部に適合させて寝た時の睡眠姿勢です。

①は胸から腰が反張といって反り返り、②は重たい胸から腰が沈み、相対的に枕がなくても頭が持ち上っています。③は至適枕によって首から胸、腰までが最も動きやすい、、バランスを維持している状態です。

さらに、人間の姿勢調節の能力という観点から、興味深い姿勢を紹介します。

枕やベッドの調節をしない時の赤ちゃんと高齢者の睡眠姿勢を比較したものがあります。

側臥位において、O歳以下の赤ちゃんは何も寝具の調節をしなくても左右対称でバランスよく整います。

一方の高齢者は、首から骨盤までが不良に曲がっていて苦しそうなのがわかりました。

仰臥位では、赤ちゃんは枕を使用していないのに、仰臥位類椎傾斜角が15.3度と至適枕で調節したのに近い角度になります。高齢者は頭が下がりマイナスの角度になっています。

このことから、乳幼児の姿勢調節能力の素晴らしさを垣間見ることができました。反対に考えると、成長するにつれて、つまり加齢とともに、睡眠姿勢の調節が必ず必要になることがわかったのです。